ちんこ増大サプリメントはマジ?

ちんこは増大できる!

■本気になればペニスは大きくできる

 

ペニスサイズを大きくする方法は、世の中にいくつか存在します。
とはいえ、私自身いくつかの方法を試してきましたが、効果があるものもあれば何も変化がなかったものまで様々だったのです。

 

試行錯誤を繰り返す中で、本当に効果のある方法は存在するということが分かってきました。
ただし体質やペニスの形状などによって、適した方法が違ってきますので、自分に合った方法を実践することがポイントとなってくると思います。

 

本気でペニス増大方法を探して取り組めば、長年悩んできたペニスサイズをアップさせることは十分に可能です。
以下に、ペニス増大方法の種類について取り上げてみることにしました。

 

 

■一般的なペニス増大方法は4つ

 

実際に効果があるペニス増大方法は、大きく分けると4つあります。

 

1.ペニスエクササイズ

 

できるだけ費用を掛けずに、ペニスを大きくしたい男性はペニスエクササイズが最適です。
特に有名なのはジェルキング、ミルキングと呼ばれる方法となります。
自分の手でペニスを握り、圧迫しながら血液を亀頭へ送り込むことを繰り返します。

 

2.ペニス増大サプリ

 

サプリメントは効果がないと言われていた時期もありますが、現在は医薬品に劣らない有効成分が含まれているため、十分な効果を期待することができます。

 

血流量を増やして勃起力をアップしてくるものや、男性ホルモンの分泌量を促して勃起力を高めながらサイズアップしてくれるものなど内容は様々です。

 

3.ペニス増大ポンプ

 

真空ポンプを用いてペニス増大を図る方法です。
吸引力を利用して血管を拡張させる他、埋没したペニスを引き出してくれる効果があります。

 

4.牽引型ペニス増大器具

 

ペニス牽引器具を用いて、ペニスを引っ張ることでサイズアップを図る方法です。
自然の力に任せて、ペニスの長さを長くすることができます。

 

 

■ペニスはすぐに大きくならない

 

できるだけ早くペニスを大きくしたい場合、ついつい広告のキャッチコピー騙されて様々な商品を購入してしまうものです。

 

「7日間で3pアップ!」、「たった10日間ペニスを牽引するだけ」など魅力的な宣伝文句を用いながらあらゆる商品が販売されていますが、このような商品は効果がないと思っていた方が良いでしょう。

 

そもそも、ペニスは急激に大きくなるようなものではありません。
長期戦で少しずつ大きくなっていくものだからです。
目標を立てながら、希望するペニスサイズになるまで努力を続ける必要があるのですが、状況によっては半年以上時間がかかることも考えられるでしょう。

 

また短期戦でペニスを大きくしたいと考えていると、ちょっとした事ですぐに挫折してしまうものです。
せっかくペニスの成長期に突入し始めていたのに、即効性ばかりを求めてペニス増大に取り組んでいると、そこでペニスの成長はストップしてしまいサイズアップを図ることができなくなります。

 

ペニスに限らず身長も同じことがいえますが、急激に体が成長するのは成長期のときくらいです。
成長期であっても、ごく短期間でサイズアップするということは稀だといえます。

 

ということは、成長期を過ぎて時間が経過している30代や40代以上の男性の場合、当然のことながらサイズアップするまでに時間がかかるのはごく普通のことなのです。

 

だからこそ、ペニスを大きくするためには時間がかかるものだと予め考えて、長期戦でペニス増大に取り組むことが大切だということになります。

 

 

■ペニス増大は実践が大切

 

ペニス増大に取り組む上で一番気になるのは、本当に大きくすることはできるのかということでしょう。
無駄な努力となるようなペニス増大法には取り組みたくないですし、誤ったペニス増大方法に取り組んでも結果は出ませんので、確実にサイズアップできる方法ばかり探してしまうことがあるといえます。

 

しかし1年間かけてたった1cmしか大きくならなかったとしても、全く何もせずに悩み続けているよりはマシなのではないでしょうか。
そもそも、即効性が期待できるペニス増大方法があったとしても、体に何らかの負担を掛けながら実践することになります。

 

ペニスは大きくなったものの、体調が悪かったり勃起力が低下して別の悩みが発生してしまっては、満足のいく結果が得られたとはいえません。

 

年齢、生活習慣、食生活、体質などによって、どのようなペニス増大方法が合っているのかは、いくつかのペニス増大方法をまず実践してみなければわからないものです。

 

そして数ヶ月単位で効果を測定しながら、より自分にあった増大方法を取り入れていく必要があります。
このような方法は、すぐに見つかることもあればなかなか見つからないこともあるでしょう。

 

つまるところ、継続的に正しいペニス増大法を実践していくことがとても大切になってくるのです。
希望するペニスサイズになるまでには、忍耐が必要となることもあるでしょう。

 

成長期を過ぎている20代後半から30代、40代以上の男性の場合は、変化が表れなくても長い目で見ながら取り組むことが重要なのです。

 

全くもって、ペニスを大きくすることができないわけではないと信じながら、地道にペニス増大方法を実践していくようにしましょう。